会員限定
500円OFF クーポンがもれなくもらえる
今すぐクーポンを獲得する

知っておきたい!正しい変圧器の選び方

メインキャプチャー
ご存知ですか?

楽しみにしていた海外旅行!
お気に入りのヘアアイロンやドライヤー、スマートフォンの充電器など普段日本で使用している電気製品を持って行っても、実は旅先で使用できないというケースがあるのをご存知ですか?

意外と知られていない世界の電気事情

海外旅行でよくあるのが「せっかく持って行った電気製品が使えない」というトラブルです。その原因は世界の電気事情にあります。実は世界各国の電圧(V[ボルト])の高さは、その国や地域によって異なります。

日本の電圧は100V、アメリカは120V、イギリスは240Vといった具合にそれぞれの国で電気の強さが異なります。

日本の電気製品のほとんどは、日本の100Vの電圧で使用するために作られています。もし、100Vより高い電圧の国でそのまま使用してしまうと故障の原因となってしまいます。

そこで登場するのが変圧器です!

220V電圧の地域で、100V仕様の電気製品は使用できない
海外旅行の必需品「変圧器」

変圧器は電圧を調整する機器です

海外の高い電圧を抑え、現地で日本の電気製品を使えるようにしてくれます。 変圧器は大きく分けて「トランス式」「電子式」の2種類に分けることができます。

※変圧器本体のプラグ形状が海外現地のコンセント形状と異なる場合、別途変換プラグが必要です。

220V電圧の地域で、変圧器を使用し100V仕様の電気製品を使用する
トランス式
【特長】

シンプルな構造なので、規定容量内の消費電力であればほとんどの製品が使用できます。 パソコンや携帯ゲーム機・スマートフォンの充電器など精密機器の使用に適しています。 ただし、出力容量が大きくなるほど変圧器本体も大きく重くなるので、使用したい製品に最適な変圧器を選ぶことをオススメします。

使用可能製品例

シェーバー / ACアダプター / スマートフォン / タブレット / デジカメ充電器 / デジタル音楽プレイヤー / 電動ハブラシ / パソコン / など

電子式
【特長】

電子式はトランス式に比べコンパクトで軽量なのが特徴です。ドライヤーなどの消費電力が高い熱器具は「電子式」の変圧器を使用します。 ただし、熱器具でも温度調整などの機能が付いた製品やパソコンなどの精密機器には使用することができません。

使用可能製品例

電気ケトル / トースター / ドライヤー / パネルヒーター / ハロゲンヒーター / 電気スタンド / など

(ただし、温度調整、調光機能、IH式の製品はご利用いただけません)

電子式変圧器はこのマークが目印

正しい電子式変圧器を選んでも電気製品が使えないケース
液晶表示がある

電子ジャーポット、電子レンジ、電子炊飯ジャーなど

映像・音響機器

テレビ、スピーカー、パソコン、デジタル音楽プレイヤーなど

ACモーター付機器

冷蔵庫、洗濯機、布団乾燥機など

温度調整ツマミがある

ヘアアイロン、イオンスチーマー、家庭用アイロンなど

ヘアドライヤーやヘアアイロンは特に注意!

ナノケアドライヤーやナノイオン付き、デジタルモーター付き、マイクロプロセッサー付きの製品は変圧器を使用しても、旅行先でご利用頂くことはできません。無理な使用は、製品の故障、あるいは火災の原因となる可能性もありますので必ず事前にご確認ください。

正しい変圧器の選び方

STEP1. 目的地の電圧・周波数を調べる

電圧は地域・国によってそれぞれ異なります。まずはご自身が行きたい目的地の電圧を調べましょう。

電圧(単位:V) 周波数(単位:Hz)
220~240 50
60
110~130 50
60

STEP2. 使用する電気製品の消費電力を調べる

使用する電気製品の消費電力を調べるには、製品本体の表記を確認してください。

消費電力(W)が記載されている

記載の数字(W)が製品の消費電力になります

消費電力(W)が記載されていない

電圧(V)×電流(A)=製品の消費電力になります

(例:100V × 2A = 200W)

消費電力の目安
  • シェーバー・・・7 ~ 10W
  • ノートパソコン・・・50 ~ 120W
  • 電動ハブラシ・・・0.4 ~ 1.4W
  • ドライヤー・・・600 ~ 1200W
  • デジカメ充電器・・・3 ~ 4W
  • ヘアアイロン・・・90 ~ 850W

※現地で30分以上継続して製品を使用する場合、製品の消費電力は[ 表記される消費電力×1.25 ]となります。30分以上継続して使用する場合は、定格容量に余裕を持った変圧器をお選びください。

STEP3. 使用目的にあった変圧器を選ぶ

シェーバーや充電器、パソコンなどの精密機器は「トランス式変圧器」の中から、
ドライヤーやヘアアイロン、電気ケトルなどの熱器具は「電子式変圧器」の中から適した変圧器を選びましょう。

トンラス式から探す

製品カテゴリー一覧